お薬・漢方

安心できる「かかりつけ薬局」を持ちましょう。

かかりつけ薬局を持つとどんないいことがあるの?

いつも通っていて信頼できる馴染みの薬局はなんとなく安心感を覚えませんか?
その薬局はあなたの「かかりつけ薬局」です。
病院で出された処方せんは「かかりつけ薬局」に提出しましょう。あなたの薬歴※や体質を把握している「かかりつけ薬局」なら薬の処方はもちろん、服薬指導や相談も効果的に行うことができます。
顔馴染みの「かかりつけ薬局」を持って、安心してお薬と付き合っていきましょう。

※薬歴:処方薬・市販薬・健康食品などを使用しているか、副作用歴、よく飲むお薬・アレルギーの有無などをお伺いし記録しているもので、患者さんごとの薬のカルテのことです。

おくすりのきほん

お薬のいいとこ・良くないとこ

健康管理に欠かせない、お薬。治療や予防を目的とするものですが、場合によっては良くない影響を及ぼすことがあります。だからこそ、正しい知識を身につけ、上手につき合いたいものです。

  • お薬の種類
  • 飲み方について
  • ジェネリック医薬品とは
  • お薬ノート

お薬の種類

内用薬
粉薬・錠剤・カプセルなど。口から入れ、胃や腸で溶けて吸収されるお薬です。
外用薬
軟膏・クリーム・貼り薬など。からだの表面から薬を入れるお薬です。
注射薬
インスリンなどの注射薬。

飲みかたについて

正しく飲む

決められた時間・容量を守り、水またはぬるま湯で飲むようにしましょう。また治ってきたからと自己判断で服用を中止するのはやめましょう。

飲み合わせ

一緒に飲んではいけないお薬、食べ合わせが良くない飲食物があります。複数の医療機関へ行かれている方は必ずお薬ノートをご持参下さい。
飲み合わせ以外にも、妊婦やお子さま、ご年配の方など、 お薬の効き方は年齢・体重・生活習慣、過去の病歴などが複合的に関係しています。お薬手帳には服用歴が記載されておりますが、何か気になる点がございましたら薬剤師へお問い合わせ下さい。

ジェネリック医薬品とは

医薬品には、先発医薬品と後発医薬品があります。先発医薬品の特許期間が過ぎると、開発したメーカー以外でも同じ成分で薬を作ることができるようになります。厚生労働省が先発医薬品と治療学的に同等であるとして製造販売が承認された後発医薬品が、「ジェネリック医薬品」です。
ジェネリック医薬品は開発にかかる時間と費用が抑えられるため安価で、お薬代が抑えられる事があります。

お薬ノート

複数の医療機関を受診される場合や旅行先や転居先で診療を受ける場合など、お薬ノートをお持ち下さい。薬の服用歴がわかります。
飲み合わせの良くないお薬や、効果が重複しているものがあるかもしれません。
おくすりのきほんでも述べておりますが、お薬は治療・予防を目的とした物ですが、時には良くない影響を及ぼす事があります。
お薬ノートは医療機関ごとに分ける事なく1冊にまとめ、ご持参下さい。

漢方

漢方と漢方薬

漢方薬は、身体全体のバランスを正しく整えるようにするためのお薬です。
患者さんの体質や健康状態に合わせた漢方薬を処方し、人が本来持っている自然治癒力を高めます。
現在では、多くの医師が日常診療に漢方治療を取り入れています。西洋医学的な診断に加え、漢方独自の診断によって、患者さん個々に合った漢方薬が処方されます。
また医学、薬学教育のカリキュラムにも取り入れられるようになっており、現代医療に欠かせない治療法となっています。

ページのトップへ戻る