シップ剤の注意点

パップ剤とテープ剤

・テープ剤:粘着力が強く剥がれにくいのですが、パップ剤と比べると肌荒れを起こしやすいのが特徴です。
・パップ剤:水分を多く含むのが特徴で、テープ剤に比べると肌に優しいのですが剥がれやすいです。

種類によっては光線過敏症を起こすことがあります。
非常に稀ですが腫れ上がったり、かぶれる等の症状が出る方もいらっしゃいますので、貼付後は強い光を浴びないようにして下さい。

2014.12.26

ページのトップへ戻る